代表インタビュー

酒田 理人(Sakata Masato)

代表取締役

ブログウォッチャーは、
新しい事業を立ち上げて、
新たな価値を創造していくことを
期待されている会社
新しいアイディアはどんどん伝えて、
どんどん実行してほしい

酒田さんの来歴と会社のこと

もともとの夢はゲームプログラマーで、コンピュータサイエンス分野の勉強を高専から大学院まで10年ほど続けてきました。ただ当時はまだスマホゲームの登場前で、ゲーム業界の景気が悪かった時期。そこで視野を広げて就職活動をしたとき、働いている人達がいちばん楽しそうだったのがリクルートでした。ブログウォッチャーでは、内定者アルバイトで1年ほど働いていたこともありリクルート入社から約3年後に出向することになりました。

ブログウォッチャーは2007年の設立当初、主にブログの分析を行っていました。企業の理念の1つは「世の中に最適な情報を届ける仕組みを作ること」。ブログの分析は、その理念に基づく事業の1つでした。僕はウェブの履歴の分析、ニュース配信の技術開発などの仕事に取り組んだ後、2012年に位置情報プラットフォーム「プロファイルパスポート」をローンチ。2014年から同事業部の事業責任者となり、2019年に代表取締役になりました。

ブログウォッチャーの位置情報の事業が大きく伸びて、事業の中核となっていく1つのきっかけは、2016年7月に皆さんもご存知の『ポケモンGO』がリリースされたことでした。そこから多くの人がスマホの位置情報をオンにするようになり、結果的に我々のもとに集まるデータも増え、企業に所属する多くの人が「位置情報データを使ってこういうことが出来ないか」と考えられるようになっていきました。

ブログウォッチャーの強みは10年近く磨き続けているスマホの位置情報を取り扱う技術と、あとは位置情報データに関わることならおよそどんなことでもお客様、パートナーと一丸となって取り組める体制とノウハウにあると思っています。長い間、広告配信やデータ分析などで多くの企業様に支持して頂いているのはその結果かなと思います。

日常の仕事の内容

位置情報の事業部の責任者としては、事業計画の立案や、予算の確保、提携企業とのやりとりなどが主な仕事です。目の前の売上を作ることも大切ですが、数年先の社会の変化や、会社のあり方を考えて必要な手を打つ、サスティナブルなビジネスを作ることを大切にしています。

また事業部のメンバーが、自分が面白いと思うこと、興味のあることを活かして新しい仕事をできるよう、コーディネートをするのも僕の仕事です。過去の経験から考えても、「上から言われたのでこうしました」という仕事ではまず良い結果が出ない。逆に、本人が本気で面白いと感じるものは成功しやすいように思います。そして成果を産むロジックが本人なりに見えていて、その説明もできるものなら、僕はいくらでも権限も渡すし、予算もつけるようにしています。

ブログウォッチャーは、新しい事業を立ち上げて、新たな価値を創造していくことを期待されている会社です。新規事業開発というのは100のアイディアを実行して2つか3つ当たるかどうかという世界なので、新しいアイディアはどんどん伝えて、どんどん実行してほしい。時には盛大に失敗することもあるでしょうが、僕は失敗をしてもそんなに怒りません。ただ、仕事に真剣に向き合わず、楽な方法を選んでいるときは怒ります。

また、社員たちが挑戦する環境を作りながら、そのリスクヘッジをするのも僕の仕事です。だからこそ、仕事の中では社員個人と話すことに多くの時間を使っていますし、トラブルがあれば対応もするし、愚痴も聞きます。ロジックには自信があるので、仕事上の失敗でも不満でも、何か情報を与えてくれれば解決できる。トラブルは起こらないに越したことはないですが、パズルを解くように物事を解決していくことは楽しいですね。

求める人材と社風について

僕は今もプレイヤーとして動く部分がありますが、さらに会社を大きくするには、同じ志を持って働いてくれる人が、より多く必要だと感じています。

ブログウォッチャーの位置情報データの事業部には、セールス、プロダクト、データ・技術開発、カスタマーサクセスのグループがありますが、仕事の範囲はそれぞれのグループを超える事が多いです。営業は決まった形のものを売るわけではなく、「我々のデータと御社のビジネスをかけ合わせれば、こんなものができますよ」と提案するのが仕事なので、データの知識も技術も必要です。営業には自分でプログラムを書ける者もいますし、逆にデータアナリストが企画をして、営業に出向くこともあります。

そのような環境なので、自分の役割や仕事の範囲に線を引かない人や、好奇心の強い人には絶対に楽しい職場です。職務領域の外に踏み出し、新しいことができる喜びは、仕事の醍醐味の1つ。そこで人は成長できるし、仕事の幅が広がっていきます。

普通の会社なら部署ごとに別れてやることを、ウチは全員野球でやっているので、全員が社長になれるスキルを身につけられると思います。

いまブログウォッチャーの中核にいる社員は、性格が基本的にポジティブ。良いことも悪いことも率直に伝えられるのが共通点です。新卒2年目でデータ部門のマネージャーを務めている社員は、何に対しても好奇心旺盛で、疑問も提案も次々と挙げてくるので、たまに「面倒なヤツだな!」とも思いますが、本当に頼もしい。不満や悪いことも正直に言い合える環境はいいと思いますし、僕が社員から文句を言われているくらいの今の感じが理想だなと思っています。

会社の未来、今後について

アメリカの位置情報サービス業界の市場規模は、すでに1兆円に達していると言われています。日本の市場規模もさらに大きくなることが予測されますし、実際にブログウォッチャーの売上も倍増ペースで増え続けています。

位置情報サービスの業界では、海外の大きなプレイヤーも日本に参入していますが、我々も日本の市場では十分に戦える自信があります。現時点で多くのデータと、そのデータを生かしたソリューションを持っており、今後も様々なデータと組み合わせることで、複数の新しい事業開発が可能で新たな価値を生み出せると思っています。たとえば来店者数の計測は、店舗を運営する企業の売上予測にも活用できる。そのデータは金融の世界でも今後活用される機会は増えていくでしょう。また災害の発生時に人々がどのように避難したのか、どの道路が通れなくなったのかという分析を行うこともあります。そのデータを大学と協力して研究し、位置情報のデータを防災に活かす試みも行っています。新たな事業で生み出した知見を人々の生活に活かすことが出来るサービスも作っていきたいと考えています。

我々の持っているデータを、そのほかのデータと掛け合わせて事業を生み出すアイディアは数多くありますが、現在は人手が足りずアイディアはあっても着手できていないことが多いのが現状です。ブログウォッチャーは自分のアイディアを形にして、新しい事業を作っていける会社なので、挑戦を続ける環境を楽しめる人は、ぜひ一緒に働きましょう。

プロフィール

酒田 理人(2010年入社)
代表取締役/プロファイルパスポート事業部事業責任者

高専、大学、大学院と情報工学を研究後、2008年にリクルートに入社。2010年、ブログウォッチャーへ出向し、2012年に位置情報プラットフォーム「プロファイルパスポート」をローンチ。2014年に事業責任者、2019年に代表取締役に就任。