プロファイルパスポート ADは、スマートフォンの位置情報データに基づくジオターゲティング広告サービスです

生活エリア情報や来店情報を活用し、高精度のターゲティング配信が可能です。
「提携アプリをダウンロードし、位置情報の取得を許可したユーザー」のスマートフォン端末から、GPSで捕捉した位置情報データを活用したディスプレイ広告が可能です。来店効果測定のためビーコンの活用もでき、販促などO2O施策で効果の高い広告を実現します。

位置情報配信が可能な広告タイプ

位置情報データとプロファイルパスポート DSPを連携し、スマートフォンで位置情報データを活用したディスプレイ広告配信ができるサービスです。更に、独自のアルゴリズムで不正クリックを排除し、質の高いオーディエンスに向けての広告をご実施いただけます。

位置情報
ターゲティング方法

スマートフォンのGPS位置情報データを活用したターゲティング。位置情報を基にした精度の高いエリアターゲティングを実現します。エリアは任意で設定可能。市区町村指定はもちろん、特定の住所から半径を指定する方法があります。

頻度や時間により独自のアルゴリズムでユーザーの生活圏を推定。
特定の位置情報を持ったユーザーにのみ広告配信

活用例

サイト来訪歴のあるユーザーが特定エリアに来た際に広告を出すことが可能。サイトに来訪したことのあるサービスや商品に興味を持っているユーザーに対して位置情報を掛け合わせた訴求をすることでアクションを高めることが出来ます。

ジオターゲティング広告商品「プロファイルパスポートAD」の新しい機能として、広告の集客効果を可視化する「来店計測」が可能になりました。これまで、計測することのできなかったリアル行動を可視化することができる指標として注目されております。o2o施策もおまかせください。

広告接触者の来店計測実証案件において、広告接触者の来店率が、広告非接触者と比較して3倍以上の結果が出ました。